Free ebook pdf and epub download directory. Submit your book and we will publish it for free.

Fast and Easy Ways to make a book for Kindle (Japanese Edition) Pdf

Download Fast and Easy Ways to make a book for Kindle (Japanese Edition) Pdf

Download Fast and Easy Ways to make a book for Kindle (Japanese Edition) Pdf in PDF and EPUB Formats for free. Fast and Easy Ways to make a book for Kindle (Japanese Edition) Pdf Book is also available for Read Online, mobi, docx and mobile and kindle reading. Please use the link provided below to generate a unique download link which is valid for 24hrs. You must use the link before it will expire.

Book Description:

2012年秋にAmazonのKindleとKindle対応の日本語の電子書籍が日本で発売されて、電子書籍の普及が本格化しました。
Kindleは電子書籍を購入して読むだけのサービスではありません。
Kindleダイレクト・パブリッシング (KDP)という仕組みが用意されています。
KDPを使えば誰でもKindle対応の電子書籍を出版して、Amazonで販売することができます。

「いつかは本を出してみたい」「自分の書いたものを人に読んでもらいたい」と考えている人は多いと思います。
しかし現実に紙に印刷された書籍を出版社から出そうとすると、それなりの販売部数が見込めることが前提となります。
これまでは数が売れない本を出版しようとすると、自費出版しか方法がありませんでした。
KDPは自分の思いどおりの本を出版したいという夢をかなえてくれるサービスです。
Kindle本なら自分が好きな内容の本を自由に出版して、全世界で売ることができます。

2015年のKDPの新常識
AmazonはKDPプログラムを常に改善・改訂しています。
このため以前の情報やノウハウは今となっては古くなっています。2015年秋現在の最新情報は以下の通りです。

1.
KDPで出版する際の最も確実なガイドは、KDPのヘルプです。日本でKDPが始まった当時は、
ヘルプの内容が米国内向けを翻訳しただけであったり、米国のヘルプと比べて内容が古かっ
たりすることがありました。現在のKDPヘルプは内容が充実しています。
古いKDPヘルプをベースにしたWebサイトや書籍を読むと、かえって混乱する可能性があります。
常に最新のKDPヘルプを参照することをおすすめします。
2.
日本でKDPが始まった当時は、日本語のWordファイルを変換してKindle本を作る方法は
「試験的に受け付け」の扱いとなっていました。このため電子書籍の業界標準フォーマットである
EPUB形式で原稿ファイルを用意する必要がありました。
現在は日本語Wordファイルが正式にサポートされています。WordでKindle本を作って大丈夫です。
新たにEPUBについて学習する必要はなくなりました。
ただし、Wordの機能で一部使えない機能があります。詳細は本文で説明します。
3.
EPUB形式でKindle本を作ろうとすると、以前は使いやすいEPUBエディタがありませんでした。
3年ほど前に多く使われていたのが、無料で公開されていたSigilです。
諸般の事情によりSigilは開発が一時期停滞していました。2014年に開発が再開されたようですが、
現時点でEPUBの最新バージョンであるEPUB 3に未対応です。
縦書きのKindle本を作るときは、EPUB 3対応が必須になります。
あえてSigilを使う理由はまったくありません。
4.
ジャストシステムの「一太郎」シリーズはバージョンアップを重ねてEPUB対応を強化してきました。
最新版の一太郎2015は特別なスキルがなくてもEPUB 3形式のファイルを作ることができます。
現時点でEPUB形式のKindle本を作るのであれば、一太郎を使うことをおすすめします。
5.
KDPの契約は米国Amazon本社との契約になります。このため米国で30%の源泉徴収が行われます。
以前は日本のAmazon.co.jpの売上も米国で源泉徴収されていました。
米国での源泉徴収を免除してもらう手続きの中で、英語の書類を米国に提出する必要がありました。
これが2014年末に大きく変わりました。
現時点で米国の源泉徴収されるのは、米国のAmazon.comでの売上に対するロイヤリティのみです。
日本の著者のほとんどは日本語のKindle本を日本のAmazon.co.jpで販売するだけですから、
面倒な免税手続きをしなくて済むようになりました。
6.
2014年末から2015年始めにかけて、KindleアプリがWindowsとMacに対応しました。
専用のKindle端末やiPadを持っていなくてもKindle本を読めるようになって、読者層が大きく広がりました。

今やKindle本を自分で作って出版することは、特別な難しいことではありません。
本書に書かれている約束ごとを守れば、誰でも確実にKindle本を作ることができます。

※本書は2013年6月にKDPで出版した『Wordだけでキンドルでエラーにならない本を作る』を最新の情報にもとづいて全面的に書き直したものです。
※本書は2015年9月時点の情報に基づいています。
※本書はA4換算で約70ページです。

想定する読者
本書は以下の方にお薦めします。
1.マイクロソフトWordに慣れている。
2.Wordを持っているが一太郎は持っていない。
3.エラーがないKindle本を作りたい。
4.EPUBの勉強はしたくない。
5.HTMLを多少知っている。または勉強する意欲がある。

目次
はじめに
2015年のKDPの新常識
紙の本を構成するパーツ
Kindle本作成の流れ
Kindle本の特徴
サポートされているファイル形式
必要な機器とソフトウェア
KDPアカウントを作成する
KDPにサインインする
書名を決める
表紙を作る
Wordを設定する
Wordで編集する
縦書きの本を作る
mobiファイルに変換する
Kindle本を完成させる
最終稿を完成させる
本を出版する
出版済みの本を更新する
売上を確認する
HTMLファイルを修正する
付録:米国の源泉徴収とTIN
あとがき

著者について
加藤 和幸(かとう かずゆき)
株式会社テクネコ 代表取締役。
1962年東京都生まれ。武蔵工業大学(現 東京都市大学)工学部経営工学科卒業。
複数の外資系ソフトウェア会社でコンサルタントとして勤務した後、女性向け海外アクセサリーブランド企業の
情報システム部長を経て、2006年にCRMとITのコンサルティング会社である株式会社テクネコを設立。
法人向け業務システムの設計、マニュアル制作、トレーニングコース開発について、豊富な経験を有する。
KDPに早くから取り組んでおり、2013年2月に出版された『NetCommons:失敗しないサーバー選びとインストール』他、
全15冊のKindle本を出版している。




Practical Tips For A Best Ebook Reading

Many of the times, it has been felt that the readers, who are using the eBooks for first time, happen to really have a rough time before getting used to them. Most commonly, it happens when the new readers quit utilizing the eBooks as they're unable to utilize all of them with the appropriate and effectual style of reading these books. There present variety of reasons behind it due to which the readers quit reading the eBooks at their first most attempt to make use of them. Nevertheless, there exist some techniques that could help the readers to have a nice and successful reading encounter.

A person ought to fix the correct brightness of display before reading the eBook. It's a most common issue that many of the people generally tolerate while using an eBook. Due to this they have problems with eye sores and headaches. The very best option to overcome this acute problem is to reduce the brightness of the screens of eBook by making specific changes in the settings. You may also adjust the brightness of screen determined by the kind of system you're utilizing as there exists lot of the means to correct the brightness. It's proposed to keep the brightness to potential minimal level as this can help you to raise the time you could spend in reading and provide you great relaxation onto your eyes while reading.

A good eBook reader ought to be installed. It will be helpful to really have a great eBook reader to be able to really have a great reading experience and high quality eBook display. You can even use complimentary software that could provide the readers that have many functions to the reader than simply a simple platform to read the desired eBooks. You can even save all your eBooks in the library that's additionally supplied to the user by the software program and have an excellent display of all your eBooks as well as access them by identifying them from their unique cover. Apart from offering a place to save all your precious eBooks, the eBook reader software even give you a high number of features in order to enhance your eBook reading experience compared to the standard paper books. You can even enhance your eBook reading encounter with help of options provided by the software program like the font size, full screen mode, the specific variety of pages that need to be displayed at once and also alter the color of the background.

You shouldn't make use of the eBook consistently for many hours without breaks. You should take appropriate rests after specific intervals while reading. A lot of the times we forget that we're supposed to take breaks while we're dealing with anything on the computer screen and are engrossed in reading the content on screen. Yet, this does not mean that you ought to step away from the computer screen every now and then. Continuous reading your eBook on the computer screen for a long time without taking any break can cause you headache, cause your neck pain and suffer with eye sores and in addition cause night blindness. So, it is essential to give your eyes rest for a while by taking rests after specific time intervals. This will help you to prevent the problems that otherwise you may face while reading an eBook constantly.

While reading the eBooks, you should prefer to read large text. Generally, you'll observe that the text of the eBook tends to be in moderate size. It's proposed to read the eBook with huge text. So, raise the size of the text of the eBook while reading it on the monitor. Despite the fact that this will definitely mean that you will have less text on every page and greater amount of page turning, you will have the ability to read your desirable eBook with great convenience and have a great reading experience with better eBook display. It's suggested that never use eBook reader in full screen mode. It is recommended not to go for reading the eBook in full screen mode. Although it might seem easy to read with full-screen without turning the page of the eBook fairly often, it set ton of strain on your eyes while reading in this mode. Consistently prefer to read the eBook in the same length that will be similar to the printed book. This really is so, because your eyes are used to the length of the printed book and it would be comfy for you to read in the same way. Try various shapes or sizes until you find one with which you'll be comfortable to read eBook.

By using different techniques of page turn you can additionally improve your eBook experience. It's possible for you to try many methods to turn the pages of eBook to improve your reading experience. Check out whether you can turn the page with some arrow keys or click a certain section of the display, apart from utilizing the mouse to handle everything. Favor to make us of arrow keys if you're leaning forward. Try to use the mouse if you're comfy sitting back. Lesser the movement you need to make while reading the eBook better is going to be your reading experience.

Specialized dilemmas One difficulty on eBook readers with LCD screens is the fact that it is not going to take long before you try your eyes from reading. To help prevent this, you can use the “white on black” attribute of your iPad or similar attributes to other eBook readers. This will definitely help make reading easier.

By using all these powerful techniques, you can surely boost your eBook reading experience to an excellent extent. These tips will help you not only to prevent particular risks that you may face while reading eBook regularly but also facilitate you to enjoy the reading experience with great comfort.

[+] Read More...
Note: If you're looking for a free download links of Fast and Easy Ways to make a book for Kindle (Japanese Edition) Pdf, epub, docx and torrent then this site is not for you. Ebookphp.com only do ebook promotions online and we does not distribute any free download of ebook on this site. The download link provided above is randomly linked to our ebook promotions or third-party advertisements and not to download the ebook that we reviewed. We recommend to buy the ebook to support the author. Our site is not the same as ebookee. Thank you for reading.